--- about ---

知りたいコト!

@

審査に不利な条件

おまとめローンを利用するには、借入れをしたい金融業者の審査に通ることが大前提です。小口融資よりも額が大きい分、審査基準をクリアできる条件にあるかということをあらかじめ確認した上で申込みをすることがおまとめローンの利用時にはとても大切となります。

おまとめローンの審査項目は、基本的には50万円までの小口融資を申込む場合と大きな違いはありませんが、項目は同じでもどこまで許容するかというレベルが異なることがあります。まず勤続年数はいうまでもなく長いにこしたことはありません。

しかし何等かの理由で転職してから間もない場合、多くの金融業者では1年以上を勤続年数の基準としています。

それより短ければ絶対に通らないということではありませんが、審査に通る確率に関係するため、すぐにおまとめローンを利用しなくても持ちこたえられるという場合には、勤続が1年を超えるまで待った方が賢明でしょう。

また、俗に「ブラックリスト」といわれるような状況にある場合、この情報が消えるまではおまとめローンに限らず小口の融資でも審査に通るのは厳しくなります。

ブラックリストというのは過去に多重債務解消のために自己破産などによって債務整理をしていたり、金融業者への返済を3ヶ月以上遅らせていたような履歴(金融事故)がある人のことを指します。債務整理の情報は一般的に5〜7年、自己破産の場合には10年は残るとされています。この期間を過ぎれば情報が消え、借入れができるようになります。

同じブラックとつくものに「申込みブラック」と呼ばれるものもあります。これは延滞や債務整理によるものではなく、短期間のうちに何社もの金融機関に融資申込みをしている状態のことです。

一般的に同じ属性(銀行系、信販系など)の金融業者3件以上に立て続けに申込みをすると申込みブラックとなり、おまとめローンで審査に通る可能性はないでしょう。

氏名などの個人情報を記載してのWeb上の仮審査も申込み件数に含まれますので、無記名でできないものは安易に利用しないことが重要です。


利用時の重要ポイント

News