--- about ---

知りたいコト!

金融に安定感を求める

" 政府の貯蓄から投資への方針で個人の資産の運用も変化してきています。

 しかし世界経済は急激に不安定になり投資も専門的な知識を勉強しなくては行けなくなりました。

 金利も安く資産を守るために貯蓄に戻っても金利が安くてほとんど増えません。

 そこで安定した経済になれば良いのですが数年は無理でしょう。

 個人としては自分の資産を守りつつ健全な資産の形成が必要です。

 良くない事ばかりに目を向けるのではなくて、全体的に割安なこの時期に未来に化ける可能性に投資するチャンスです。

 投資は本来、未来に向けて行うべきです。結果的に政府の貯蓄から投資へとの方針に合っている世の中になっています。

 金融の本来である資金余剰者が資金不足者への資金を融通すると言う状況になっています。"


事業融資の依頼について

News